巣鴨の風俗の求人に応募する女性の悲しいわけを聞いてみてみませんか?

2016-02-25

心にいったん傷を負うとなかなかいえないものです。風俗の求人に応募してくる女性の中にも「心の傷」を深く負ったからこそ、風俗で働いているという人はいらっしゃいます。

■男なんていらない
風俗で働く女性で心の傷を負った大きな原因というと「男性からだまされた」という理由が多いです。デートをすっぽかされたとかそんな単純なことではなく、手のひらの上で遊ばれた上で捨てられたというようなあまりにも残酷な理由が多いのです。

「もうあんな男とは付き合いたくない」というのが「もう男なんていらない」という理由にまで発展していった結果、風俗で働こうと思うのです。

■男性が諭吉に見える
そういう女性にとって。風俗で働くことはいともたやすいものです。ある種、男性のことを見下しながら仕事をしていますから「今やっているのは諭吉のため」とお金のために働いているのだという思考に転換できるのです。それゆえ、働いているお店に男性が来たとしても恋愛感情などを持つこともなくただ淡々と仕事をこなせるのです。

■女性ならばわかるのでは?
こうしたさばさばした気持ちは女性ならではといえるところで、未練たらしさを持つ男には土台不可能な話といえるでしょう。女性ならばこうした子持ちを理解することが容易といえるのではないでしょうか。

■男が嫌になった女性が働く
一人で生きていくために女性がしなければならないことはとにかくお金を稼ぐことです。男がいらないと思うようになったわけですからとりあえず風俗でお金をたっぷり稼いで、例え年をとったときでもそれなりの金額が残るようにしておけば後々男に頼らずとも生活できるからです。

求人に応募してくる女性のちょっとした悲しさが垣間見えますね。

巣鴨の風俗の求人に応募する女性の悲しいわけを聞いてみてみませんか?

心にいったん傷を負うとなかなかいえないものです。


Copyright© 2016年2月25日 自由に選んでもらうべき巣鴨の風俗の求人情報特集
http://manifestaworkbook.org All Rights Reserved.